こんにちは!

今月のテーマはプラスチック工作「プラ板遊び」をしました。

プラ板遊びとは

プラスチック板に絵を描いてオーブントースターなどで加工・固定化する、1980 – 1990年代前半にかけて小学生の間で流行った遊びです。

 

まずはじめに、プラ板がなにでできているのか、勉強しました。

・プラ板はポリスチレンでできている。

・ポリスチレンは熱可塑性弾性がある。

・熱可塑性は熱を加えると軟化して、冷やすと再び硬くなる性質。

・弾性は物体に外から力を加えれば変形し、その力を取り除けば元の形に戻ろうとする性質。

・ポリスチレンは身近なもので、お弁当のフタなどがある。PS6のマークが入ったものが、プラ板のように加工することができる。

 

今回使った材料は

プラ板、ヤスリ、油性ペン、水性ペン、色鉛筆、パステル

キーホルダー、ストラップ、鈴、ブローチピン

 

好きな絵や模様を描いて、キーホルダー、ストラップ、バッジをつくりました◎

 

2016-12-10-%e3%83%97%e3%83%a9%e6%9d%bf_3833

 

今回使ったプラ板は4分の1に縮むので

作りたい大きさの4倍の大きさで絵を描きました。

油性ペンはそのままプラ板に描くことができます。

色鉛筆で描くときは、紙やすりでプラ板の表面をやすります。

絵が描けたら、穴あけパンチで穴をあけると

キーホルダーやストラップにできます。

2016-12-10-%e3%83%97%e3%83%a9%e6%9d%bf_3335

 

べっこう飴のような色にするには

油性ペンとエタノールを使います。

まず表面を紙やすりでやすり、黄色の油性ペンで全面を塗ります。ところどころに茶色や赤またはピンクを描きます。

ティッシュや綿棒に含ませたエタノールでこすると色がぼけてべっ甲色のできあがり◎

特に濃くしたいところは、クレヨンのこげ茶で色を足します。

オーブントースターで加熱してできたものをみて

子どもたちはびっくりした様子でした(^ ^)

 

プラ板は縮むと色も濃くなるので、薄いなと思うくらいがちょうどいいです。

何度も試して好きな色をみつけてみましょう!

 

 

2016-12-10-%e3%83%97%e3%83%a9%e6%9d%bf_4578どれもとてもかわいくて素敵な作品ができあがりました◎

 

プラ板は手に入りやすく、加工もしやすいので

お家でもいろんなものを作ってみてほしいですね☆

 

【無料体験授業、随時受付中!】

▼申込みについて詳細
TEL:06-6755-4305 または 問い合わせフォームよりご連絡ください