こんにちは!

今月のテーマはリサイクル工作

「紙すき」体験に挑戦しました!

 

リサイクルとは?

使い終わって捨ててしまうものを、捨てずにもう一度使うこと(資源再生再資源化再生利用再生資源化など

 

紙すきってなに?

紙の原料になる「パルプ」を水で溶いて紙にすることです。

 

まずは言葉の意味を勉強し、実際に作ってみました。

 

今回は牛乳パックを使い紙すき体験!

①まず牛乳パックをはさみで細長くカットします(かたいところは使いません)

②お鍋に水を入れて煮込みます。

③1時間たったら冷まして取り出し、表面を2枚はがすと、中からパルプがでてきます。

④細かくちぎって、水とせんたくのり(少量)と一緒に、ミキサーにかけます。

⑤どろどろになったパルプを型に流し込んで水を絞り、型からはずして乾かすと完成です!

2016.4.9,11 リサイクル紙すき_8539

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は紙すきで作った紙に、水彩ペンでにじみ絵を描いてもらいました(^^♪

子どもたちの描く絵は個性豊かで、みんな素敵な作品に仕上がりました◎

2016.4.9,11 リサイクル紙すき_1690

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げはタンブラーに入れて、マイコップの完成!

2016.4.9,11 リサイクル紙すき_8686

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紙すきは牛乳パックの他にも、トイレットペーパーやティッシュ、野菜や野菜の葉っぱなどでもできるので、

お家でもいろんなリサイクルに挑戦してほしいですね(^^)/

 

 

毎月第二・第四 月曜・土曜にものづくり科学実験の授業をおこなっております!
興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください!
無料体験授業受け付けております!

連絡先 06-6755-4305 or plantjuku@gmail.com