学習塾プラント 個別指導 小学生~高校生 06-6755-4305 受付時間 平日14:00~22:00 【体験受付中】

可算名詞と不可算名詞の違いをわかりやすく解説!

  • 2023年7月13日
  • 2023年6月13日
  • 英語
  • 6view

名詞とは何か? 

名詞は人や物、場所などを表す単語のことです。具体的なものや抽象的な概念を表すことができます。例えば、人の名前や動物の名前、果物の名前などが名詞です。

可算名詞とは? 

可算名詞は、「数えられるもの」を表す名詞のことです。例えば、本やりんごなどがあります。これらの名詞は、単数形と複数形を持ち、数を数えることができます。例えば本の場合、1冊、2冊、3冊…と数えることができ、1冊であれば「a book」2冊であれば「two books」というふうに表すことが出来ます。

不可算名詞とは? 

不可算名詞は、「数えられないもの」を表す名詞のことです。例えば、水や砂糖などがあります。これらの名詞は、単数形しか持たず、数えることができません。水の場合、1リットル、2リットル、3リットル…と数えることはできないため、「1リットルの水」は「1 liter of water」といった形にしなくてはなりません。

可算名詞と不可算名詞の違いは? 

可算名詞と不可算名詞の違いは、主に数えられるかどうかです。可算名詞は数を数えることができるのに対し、不可算名詞は数えることができません。また、可算名詞は単数形と複数形を持ちますが、不可算名詞は単数形しかありません。

名詞の使い方のポイント 

名詞を使う際には、可算名詞か不可算名詞かを正しく使い分けることが重要です。例えば、「There are three apples on the table.」(テーブルの上にりんごが3つあります)という文では、りんごが可算名詞であるため、複数形の”apples”を使っています。一方、「I would like some water, please.」(水を少しいただけますか)という文では、水が不可算名詞であるため、単数形の”water”を使っています。

まとめ

名詞には可算名詞と不可算名詞があります。可算名詞は数えられるものを表し、複数形を持つことができます。一方、不可算名詞は数えられないものを表し、単数形しかありません。正しい名詞の使い方を理解することで、文章をより正確かつ魅力的に表現することができます。

体験授業・無料相談 お問合せフォーム

最新情報をチェックしよう!