こんにちは!

 

今月のテーマはお楽しみ実験「オリジナルキャンドルづくり」

 

キャンドルとは?

綿の糸などをねじりあわせたものを芯にして、芯のまわりにに蝋(ろう)を固めたもののこと。

芯に火を点して灯りなどとして用いる。

 

キャンドルが燃える仕組みは?

芯の先にの炎によって周囲の蝋が融けて芯に染み込み、

さらにそれが気化して燃焼することで燃え続けるしくみである。

 

ロウソクとキャンドルの違いは?

材料は同じだけど、デザインや使い道が違うよ

ロウソクは白い棒状のものが多く、キャンドルは様々な色や形だよ。

欧米ではキャンドルを灯りとして日常的に使っています。

昔の日本もロウソクを灯りとして使用していたが、

今はお仏壇やお墓参りの時に使われるようになったよ。

 

キャンドルが燃える仕組みを勉強し

さっそくオリジナルキャンドルづくりに挑戦したよ!

 

材料

ロウソク(今回は24本)、クレヨン、紙コップ(ガラスコップ)、割りばし、クリップ、小鍋、大鍋

 

作り方

①割りばしに芯になる糸を挟む、反対側に重りになるクリップをつける

②割りばしを紙コップの中心に置く、クリップが底につかないくらいに調節

③大鍋に水を入れて沸かす

④小鍋にロウソクを折って入れる(できるだけ小さく、芯はロウソクが溶けてから取り出す)

⑤④に好きな色のクレヨンをはさみで切って入れる

⑥③の中に④を入れて湯煎する

⑦ロウソクとクレヨンが解けたら芯を割りばしで取る(キッチンペーパーに芯を置く)

⑧②に⑦を流しいれる(割りばしに当たらないように)

⑨固まったら、紙コップをビリビリやぶいて完成!

 

紙コップ破く

 

⑤の時に好きなアロマオイルで香りづけしても◎

いろんなアレンジができるね☆

 

デコレーション

 

子どもたちには、作り方を説明しただけなのに

どんどんアイデアが膨らんで、できあがった作品が

ケーキみたいにカラフルなキャンドルに!

 

 

2017.3.11 キャンドル_170311_0084

 

 

【無料体験授業、随時受付中!】

▼申込みについて詳細
TEL:06-6755-4305 または 問い合わせフォームよりご連絡ください